プドゥチェリー (正式名称が2006年にポンディシェリーから変更)はあなたを魅了するでしょう。コロニアル様式の建造物、海辺のプロムナード、スピリチュアルな聖地、美しい並木道、秘境や手つかずの自然が残るビーチ、魅惑的な河川など、魅力にあふれています。織物、絹、伝統的な人形作り、高品質の陶器、手作りの紙、革製品、芳香剤でも知られています。そしてもちろん、この土地特有のフランスとのつながりも。

フランス語は、今でもあらゆる階層の住民によって広く使用されています。スリ・オーロビンド国際教育センター、リセ・フランセ、アリアンス・フランセーズをはじめとする様々な学校では、フランス語を第二言語として教えています。フランスのあらゆるものがここに存在することから、プドゥチェリーは「ラ・コート・ダジュール・エスト(東洋のフレンチ・リビエラ)」として知られています。

一般的に知られているように、人気のある週末旅行先、プドゥチェリー(またはポンディー)は、ホリデーシーズンに主にチェンナイやベンガルルから多くの旅行者がやってきます。プドゥチェリーの人気が高まる中、地元住民たちは現在、特にウォータースポーツ、多国籍料理のレストラン、パブ、お土産屋など、観光客に特化したいくつかのサービス業に従事しています。

その歴史は長く、色彩豊かです。プドゥチェリーには、フランス植民地だった18世紀にさかのぼる遺産もあります。古い地区を散策していると、フランス建築の影響が強い建物など、かつてのフランスとの名残りがはっきり現れてきます。

ゴアのような快楽主義的なビーチではなく、スピリチュアルなところがプドゥチェリーの魅力です。ここには手つかず自然が残る静かなビーチがあり、日の出、日没時に素晴らしい景色を楽しめます。また、カヤック、カヌー、水泳などの水上スポーツも楽しめます。

自然と過ごすのが好きな人にとって、プドゥチェリーは一種の楽園です。都市自体は緑ですが、アシュラムの人たちや市民の努力のおかげで、リラックスして過ごせることができるいくつかの地域もあります。

豊かな歴史、ビーチ、スピリチュアルな聖地など、あなたの求めるすべてがここにはあります。また、見逃せないのはその土地の食べ物です。ここの料理は南インドのスパイスとフランス料理のテイストが絶妙にミックスしており、さらにはイタリアの影響も受けています。市内には、熱々の肉まんを売るチャイ屋台から、豪華料理を提供する高級ホテルまで、何百ものレストランがあります。

ベストシーズンは、冬が始まる10月から2月にかけてで、気温が下がるため、プドゥチェリーのフランス街を散策するのに適しています。.

Button
スリ・オーロビンド・アシュラム

スリ・オーロビンド・アシュラム

プドゥチェリーは、主にスリ・オーロビンドとその教えに強い結びつきがあり

カライカル

カライカル

主要な港、カライカルはプドゥチェリーの南約130キロにあり、訪れる価値

ロマン・ローランド図書館

ロマン・ローランド図書館

プドゥチェリーは、心と魂の啓蒙を一番大切にしており、ロマン・ローランド

マナクラ・ビナヤガー寺院

マナクラ・ビナヤガー寺院

プドゥチェリーで最も人気があり、頻繁に訪れられている寺院の一つは、ホワ

パラダイスビーチ

パラダイスビーチ

このプライベート・パラダイス・ビーチは絶対に外せない場所で、市内からカ

ホワイト・タウン

ホワイト・タウン

ホワイト・タウン(別名フレンチ・クオーター)の外見は、独立前にフランス

マイラム

マイラム

コロマンデル海岸の丘の上に建つマイラム寺院(プドゥチェリーから30キロ

マトリマンディール

マトリマンディール

プドゥチェリーから車で20分のところにあるアウロヴィルは、1968年に

植物園

植物園

1826年に建てられたこの植物園は、華麗なフランス様式で設計されました

ティルヴァッカライ

ティルヴァッカライ

オーロヴィルの外周に位置し、プドゥチェリーから約25kmのところに、イ

ジャワハールおもちゃ博物館

ジャワハールおもちゃ博物館

魅力的な博物館であるジャワハールおもちゃ博物館は、子どもたちに大人気で

バーラティ行政公園

バーラティ行政公園

バーラティ行政公園はア-イ・マンダパム記念碑で人気があり、かつての植民

アリケメド

アリケメド

港湾都市であるプドゥチェリーは、昔も今も海上貿易の重要な中心地です。沿

聖心イエス大聖堂

聖心イエス大聖堂

この地域では、フランス人宣教師の影響力が強かったため、多くの教会が建立

チェンナイ

チェンナイ

古代の寺院、活力ある芸術、自然の不思議や活気に満ちた料理の現場がタミー

ティルヴァンナーマライ

ティルヴァンナーマライ

タミル・ナドゥーの中でも神聖な町であるティルヴァンナーマライは巡礼地と

マハーバリプラム

マハーバリプラム

マハーバリプラムは、7世紀から10世紀の間のとても大きい海港でした。町

カンチプラム

カンチプラム

タミル・ナードゥ州カンチプラムは寺院の街で、精神性、静寂、絹の代名詞で