アジャンタの洞窟

オーランガバードから107 km程に位置する、ユネスコ世界遺産のアジャンタ洞窟は、32つの洞窟からなる有名な仏教洞窟群です。岩を削って作られた洞窟は、仏教寺院(聖堂)、礼拝堂、祈願所、精舎(僧院)、住居となっています。

第9と第10窟は仏教寺院であり、インドで最古の絵画遺跡があります。第19、26、29窟は大乗時代の仏教寺院であり、他のすべての洞窟は精舎です。アジャンタ洞窟では、クシャナ時代のガンダーラとマトゥラ美術学校、グプタ時代のサルナート美術学校、そして、サタバハナ後期とイクシュヴァク時代のアマラヴァティ美術学校をみることができます。

アジャンタの洞窟

エローラ石窟群

エローラは、岩窟建築の最高峰と考えられており、4世紀から9世紀にかけて掘られたヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教の洞窟で構成されています。 34の洞窟のうち、12窟は仏教石窟群、17窟はヒンズー石窟群、5窟はジャイナ石窟群と分かれており、開窟は約1,500年前のラシュトラクタ王朝にまで遡ります。エローラ石窟群は1983年に世界遺産に登録され、現在、インド考古学調査局(ASI)によって管理されています。

仏教の洞窟

エローラ石窟群

オーランガバード洞窟

緑豊かな丘に囲まれたオーランガバード洞窟は歴史家にとって重要な目的地の1つです。都市の北に位置し、3世紀に掘り出された、12窟からなる仏教石窟寺院群です。緑豊かな丘に覆われている洞窟に神秘的な雰囲気を感じるのは、ここの建築様式と石窟像にはっきりとしたタントラ仏教の影響があるためです。

これらの洞窟のほとんどは、寺院や住居です。専門家によると、第3と第7窟が最も魅力的であり、必見です。また、第1と第3窟は、大乗時代後期の洞窟です。フロア、柱の配置と細部の装飾についてはアジャンタ洞窟の第21と第24窟に似ています。第1〜5の洞窟は西部グループ、第6〜10の洞窟は東部グループで構成されています。

オーランガバード洞窟

ダウラタバード要塞

ダウラタバード要塞は、高さ200mの円錐形の丘の上に築かれており、総面積は95ヘクタールにも及びます。この要塞は、デカン高原における耐久力と戦略的思考の縮図です。全盛期には、その周辺及び、内部の複雑な防御断壁から、要塞への侵入は不可能と見なされていました。54か所あるマハコットを四方の壁が5 km程に渡り砦を囲んでいます。

壁の厚さは1.8〜2.7 m 程、高さは5.5〜8.2 m 程です。敷地内にある弾薬庫と穀物貯蔵庫は、この歴史的な要塞を探索する上で興味を与えてくれます。もう1つの興味深い見どころとしては、10,000㎥程もある巨大な貯水池であるハティーハウドです。今日の巨大な貯水池は、その大きさに深い感動を覚えます。また、高さ60m程のチャンドミナールを訪れることもできます。

ダウラタバード要塞