自然豊かなマンダキニ川のほとりに位置し、ウッタル・プラデシュ州とマディヤ・プラデシュ州に広がる平和的な巡礼の町チトラクートは、14年間の亡命生活のうち11年半をここで過ごしたとされるラマ王子の足跡にあふれています。ラマーヤナ叙事詩によると、チトラクートは、ラーマ王子の兄弟であるバラタが彼を訪ねて来て、王国を統治するためにアヨディヤに戻るように彼に頼んだ場所である。

風光明媚なビントゥヤ山脈の麓に座しているチトラクートには古代の寺院やガット(ステップ状の川土手)、クンド(神聖な池)、アッシュラムが点在しており、そのほとんどがヒンドゥー教の叙事詩であるラーマーヤナ叙事詩、ラーマ王子の妻シーターとその弟ラクシュマナ、そして偉大なラーマ王子の伝説を物語っている。ここには多くの寺院があるので、祭りの時期には神の恵みを求めて町に集まる信者で溢れかえります。パヤスビーニ川としても知られるマンダキニ川に隣接しているため、川辺にはいくつかのガットがあり、巡礼者は聖なる川で入浴し、夜にガットで行われるアルティ(儀式)に参加することができます。このアルティによって、街は献身的なエネルギーに満ち、来場者はチトラクートのスピリチュアルな雰囲気を堪能できます。

チトラクートのスピリチュアルな歴史遺産は幾世代も前に遡ります。ラムカリトマナスの著者、ゴスワミ・トゥルシダスもここで長い時間を過ごしたといい、賢者アトリや賢者アナスヤもチトラクートで瞑想したと考えられています。また、ヒンドゥー教の最高神(ブラーマ、ヴィシュヌ、シヴァ)がここで化身したと信じる人も多いそうです。

チトラクートの名前は文字通り多くの不思議な丘陵に見いだすことができます。また、チトラクート・パルバト・マラ(山々の花冠)には巡礼地としてカマドギリ、ハヌマーンダラ、ジャキ・クンド、ラクシュマン・パハリ、デバンガナがあります。

夢中になれる体験

小旅行

多くの不思議な丘の近郊を探索する

Button
カマドギリ

カマドギリ

カマドギリは、チトラクートの中心部として知られる緑豊かな丘です。元々の

カリンジャール要塞

カリンジャール要塞

孤立した岩がちの丘の上に建てられた古代カリンジャール要塞は、海抜1,2

ガネーシャ バグ

ガネーシャ バグ

リクリエーションのために建てられたと言われているガネーシュ・バグの敷地

グプト ゴダバリ

グプト ゴダバリ

チトラクートの郊外、Ram Ghatの南に位置するグプト...

サティ・アヌスヤ・アシュラム

サティ・アヌスヤ・アシュラム

マンダキニ川の源流近くに位置し、豊かな緑に囲まれたチトラクートの丘の中

ジャナキ・クンド

ジャナキ・クンド

ジャナキ・クンドは、マンダキニ川の左岸にある洞窟です。シタ女神が流刑中

スパティク・シラ

スパティク・シラ

マンダキニ川の河岸に位置する小さな岩、スパティク・シラは、ラーマとシタ

ハヌマーン ダラ

ハヌマーン ダラ

急峻な丘陵地に位置し、巨大な岩の上に建つこのハヌマーン寺院には、ハヌマ

バラト・ミラップ寺院

バラト・ミラップ寺院

この寺院は、バラトが亡命中のラーマに会い、彼にアヨディヤに戻って王国を

バーラートクープ

バーラートクープ

チトラクート市の郊外にはバーラートクープという、とても大きな聖なる井戸

ラム ガット

ラム ガット

チトラクートの騒然としたガットの1つ、ラム・ガットはマンダキニ川のほと

ラムダルシャン マンディール

ラムダルシャン マンディール

ラムダルシャンの参拝は独特で、お供え物が禁止されているのが特徴です。代

アグラ

アグラ

タージ・マハルは世界七不思議のひとつであり、ウッタル・プラデーシュにあ

プラヤーガラージ(アラーハーバード)

プラヤーガラージ(アラーハーバード)

ガンジス川、ヤムナ川、(伝説上では地下を流れているとされる)サラスワテ

バラナシ

バラナシ

世界最古の居住地の一つである神聖なガンジス川のほとりに位置するバラナシ

カジュラホ

カジュラホ

もし石が声を出すことができるなら、きっとカジュラホ寺院は美しいメロディ